デビルメイクライ5 ゴリアテ

総合TOPデビルメイクライ5>ゴリアテ

情報提供募集。

スポンサーリンク

「ゴリアテ」の解説

ゴリアテ(デビルメイクライ5)

デビルメイクライ5で2番目に戦う事になるボス。ミッション2の最後に待ち受ける。二足歩行の巨大な獣のような姿をしていて、太い腕を振り回しての攻撃や、腹部で物体を吸引したり、炎を噴出しての攻撃を繰り出してくる。
戦闘が始まった直後だと建物の上で戦うことになるが、少しダメージを与えるとゴリアテが地面を破壊して戦闘エリアが建物の中へ移り変わる。そこだと建物の柱を持っての攻撃を繰り出してくる。
さらにダメージを与えると建物から出て広い場所での戦いになる。ここで体力を0にすると撃破に。
各攻撃は3つのエリアそれぞれで使うものが変わるが、厳密には体力次第で変化するため、効率よくダメージを与えていくと、普通なら外の広場で使う攻撃を屋内で使う場合もある。ブレイクエイジを惜しみなく使う方法ならば屋内で撃破する事も可能だが難しい。

ある程度のダメージを与えるとうずくまるタイミングがあるが、ここでデビルブレイカー「バスターアーム」を装着していればバスターを決めて大ダメージを与える事が出来る。

なお、頭と腹部にある口が弱点で、ここに攻撃すると他の部位よりも大きなダメージを与える事ができる。

繰り出してくる攻撃

画像タッチでyoutubeの動画表示します。

殴り攻撃

太い腕で殴りつけてくる。振り上げたり薙ぎ払ったり振り下ろしたり、ネロがいる位置によって腕の振り方が変わる。動作は非常に大きいため回避するのは簡単。ただし攻撃判定が大きいためにジャンプで回避すると無防備な空中で攻撃を受けやすい。振りかぶる動作を見たらある程度引き付けてサイドロールで回避する方が安定する。空中で避ける事が出来ない場合のためブレイクアウェイの無敵時間を使って避ける事も選択肢に入れておくと良い。

腕薙ぎ払い

腕を横に大きく払う。この攻撃を使うのがこちらがゴリアテの側面にいる場合だけ。正面にいるときの殴り攻撃よりも動作が早めで、この攻撃がゴリアテの攻撃の中で最も当たってしまいがち。側面にいる場合は必ずこの攻撃に備え、サイドロールで回避する準備を。広場での戦い後半においてはこの攻撃と殴り攻撃を複合的に使って来るので回避がさらに難しくなる。

床破壊

戦闘開始地点で一定時間経過すると大きくジャンプした後に着地と同時に床を破壊、ゴリアテと共に教会内部へと強制的に落下させられる。叩きつける攻撃には攻撃判定もあり、ジャンプで回避する、あるいは距離を取らないとダメージを受けてしまう。この攻撃が来て床が破壊され落下するまでの間、エアハイクが使えなくなる状態が存在する。

両腕叩きつけ

広場に出てから使うようになる攻撃。両腕を振り上げてから振り下ろして叩き潰してくる。この攻撃はサイドロールよりジャンプで回避しやすい。側面に逃げてもある程度は追尾して振り下ろしてくるので注意。当たらなくても叩き潰し攻撃時に近くにいると震動により一定時間動けなくなる。この技は硬直がかなり長いため攻撃チャンスになる。ジャンプで回避後、頭に攻撃を。この攻撃の後は必ず大爆発攻撃を使ってくるので覚えておこう。ただし、大爆発を行うのは吸い込み攻撃を使って体内に力を蓄えた後のみとなっている。

柱攻撃

屋内に落下した直後に使う。柱を持って投げつけて来る。一度しか行わない。投げつけてくるのに合わせてサイドロールをすればいい。柱をもぎ取った時、ゴリアテの右手側から左手側に高速で振る形になるが、ここにも攻撃判定があるのでジャンプするのは危険。

吸い込み

屋内に落ちた後にある程度ダメージを与えると使う。腹部から炎を長時間放射し続ける。この攻撃をしている時に腹部に近づくと吸い込まれてしまい、その後火炎弾と共に外に発射されて大ダメージを受けてしまう。屋内でこの攻撃を繰り出すと柱が全て破壊されて建物が崩れるため、その後は外に出て広い場所で戦うことになる。この攻撃は吸い込み性能がありどんどん吸い寄せられてしまうが、この攻撃を行うようになった時点で壁が破壊されて外に出れるようになっているため、吸い込み動作を行う前に広場に出てしまえば吸い込まれる心配はない。この攻撃の後、ゴリアテは大ジャンプして広場に移動してくる。

この攻撃は広場に出た後でも繰り出してくる。必ず大ジャンプして大きく距離を離した後に行う。広場ではスペースが広大なので回避できる。発生する吸い込みの竜巻エフェクトに近づかないように走り続けると吸い込まれない。ただし、竜巻エフェクトには近づいただけでプレイヤーキャラがひるみ、そのまま吸い込まれてしまうので、回避はなかなかギリギリになる。ネロの場合、こうなった時にブレイクアウェイを使えば強引に脱出できる。この攻撃は最初からゴリアテの真正面に放出することはなく、必ず左右どちらかからゆっくり薙ぎ払うように行う。そのため最初からゴリアテの左右どちらかに回り込むように動いてしまうと、そちらから竜巻が来た場合に回避が難しくなる。そのため、大ジャンプして距離を離す前兆を見たら、ゴリアテの真正面に位置取り、炎竜巻がどちらから見極めてから避けるようにした方がいい。

大爆発

後半戦の広い場所で使う。ゴリアテを中心に大爆発が発生する。ダメージが最も大きい攻撃。長い溜める動作があり、この際は地面が赤くなるため非常にわかりやすい。すぐに距離を離せばいい。ジャンプとブレイクアウェイの無敵時間を使い、爆発に合わせてジャンプ→ブレイクアウェイとやると至近距離でもやり過ごすことは出来る。パンチラインを装着している場合、ブレイクエイジのブーストナックルを出すと動作を中断させることができる。この攻撃はゴリアテが吸い込み攻撃を行って体内に力を溜めていることが繰り出すための条件となっているため、教会内で吸い込みを行った後はすぐに使って来る。広場に出た後でも吸い込み攻撃を行うが、やはりその後だとこの大爆発攻撃を再び使うようになっている。

火炎弾

これも後半戦の広い場所で使う。瓦礫を腹部の口で喰い、その後に火炎に変換して撃ちだしてくる。瓦礫を食べるというわかりやすい前兆動作があるため見切りやすい。サイドロールやジャンプで簡単に回避できる。体力が半分以下になったあたりだと瓦礫を食べる動作を省略して使ってくる。火炎弾に対してタイミングよく近距離攻撃を合わせると跳ね返してダメージを与えられる。

車投げ

広場にある車にゴリアテが接近した場合に使う可能性がある。片手で車を持って投げつけてくる。スピードはそこそこだが、これも動作が分かりやすいため回避するのは難しくない。しかしこの直後に高速突進攻撃を繰り出してくることもある。車に対してタイミングよく攻撃を合わせると破壊できる。

高速突進攻撃

広場に出た後、距離を離している場合に使ってくる。かなりのスピードで突進してきた後、思い切り投げつけてくる豪快な技。威力もかなり大きい。回避のタイミングが難しいが、突進し始めたらすぐにエアハイクで二段ジャンプし、エリアルコンボを出して滞空すると簡単に回避できる。引き付けると難しくなるのでこの方法で避けた方が良い。この攻撃に対してタイミングよくオーバーチュアのバッテリーを繰り出してカウンターを成功させると吹き飛ばせる。

左右腕振り

ゴリアテとの距離が少しだけ離れている中距離で使ってくる。前方に身を乗り出しながら腕を右、左と振る。よく使う殴り攻撃と違ってやや動作が機敏なので、中距離で真正面に立っている場合は注意。攻撃位置が低く二回振るため、サイドロールよりジャンプで回避した方が良い。

ノーダメージ攻略

ノーダメージ撃破動画

基本

まずデビルブレカーをどうするかだが、ゴリアテに最も安定したダメージを与えられるのはオーバーチュアによる基本攻撃のバッテリー。ガーベラの空中ブレイクエイジペタルレイは、近くで発動して全て当たればオーバーチュアのブレイクエイジのエクスプローダーの倍ほどの威力があるが、通常技のジョッキーだと威力が少なすぎて効率が悪い。そのため、バッテリーをメインに使う。しかしペタルレイを使えば短期で戦いを終わらせることができ、攻撃が激しくなる瀕死状態での攻撃をしのぐことなく一気にトドメをさせるため特定のタイミングではペタルレイを使った方がいい。具体的には、ガーベラ、オーバーチュア、ガーベラ、オーバーチュアの順番を推奨。以下の攻略はこれを前提とする。ゴリアテ戦直前に4つのデビルブレイカーが落ちているが、これを道なりに手前から順番に拾えばいい。
また、ゴリアテは頭、あるいは腹が弱点となっているため、正面にいる場合は出来ればここに攻撃を当てるようにする。

詳細攻略

※上の動画からより攻略を洗練させているため、動画とは一致していないことに注意。

ゴリアテとの闘いは屋上→屋内→広場と場所を変えて行うことになるが、攻撃は徐々に激しくなっていく。最も多用してくる近距離での殴り攻撃はサイドロールで回避出来るが、この時にブルーローズのチャージ弾、ハイショットを当てるとヒットストップのせいでゴリアテの動きに緩急、ムラが生まれるので回避しにくくなる。近距離攻撃を仕掛けてきた時はハイショットは控えた方が良い。
特に気を付けるべきはこちらが側面から背後にいる場合に繰り出してくる腕薙ぎ払い攻撃。これを警戒せずに近距離攻撃を仕掛けてしまうと高確率で食らってしまうので、側面、背後にいる時は攻撃よりも回避に注力する。特にバッテリーは技後の硬直が大きいのでこの時は使わない方がいい。

屋上戦が開始後はすぐにペタルレイを使ってダメージを与える。後は攻撃回避しながら地上、空中で攻撃を仕掛けていく。すぐに終了してゴリアテが床を破壊するが、この時のジャンプ叩きつけにも攻撃判定はちゃんとあるので注意。距離があれば当たらないが、近い場合はゴリアテが着地するのに合わせてジャンプし、上昇中の無敵で回避するのが安全。落下後しばらく硬直するので攻撃を。
屋内での行動も屋上とさほど変わらず、殴り攻撃ばかりを行うが、屋内は柱や瓦礫のせいで視界が悪いのが難点。ゴリアテの動きを良く見る必要がある。
屋内で一定時間戦うとゴリアテが吸い込み攻撃を行う。ジャンプして距離を取ろうとしてから「チョコマカしやがって…!」というセリフの後に使う。これは外に出て避ければいいが、吸い込み攻撃の動作は長大のため、ここでエクスプローダーを使い、さらに直後にペタルレイも使う。ペタルレイを使ったらすぐに外に出る。ダメージを受けていなければこれでランクはS以上になる。外に出たら近くにあるオーバーチュアを拾う。この際、ランク維持したい場合は外に出る時は空中挑発を出しながら移動するよう。挑発にはランク下降を阻止する効果があるので、屋内でSSSランクを出していたらこれで維持できる。ゴリアテが大ジャンプしてくるまで挑発は地上、空中どちらでもいいので出し続けよう。

広場に出てからが本番。まず大ジャンプしてきて、着地後に隙があるのでここでもバッテリーをメインとして攻撃を加える。
広場に出た直後、ほとんどの場合は「潰れろ、ゴミめぇッ!」というセリフと共に両腕叩きつけ攻撃を繰り出してくる。これもジャンプで簡単に回避できるが、非常に硬直が大きいためバッテリーを数回当てられるチャンスになる。
また体力が半分を切ったあたりでダメージを加えるとダウンしてグロッキー状態になり長時間膝をついたままになるので最大のチャンスとなる。頭にバッテリーを何回も当てられる。ここでの攻撃如何によっては体力は残り2、3割くらいになるのであと少し。エクスプローダーを使おう。
膝をついた状態から回復直後は必ず両腕を振る動作があるが、これにも攻撃判定が存在する。地上にいれば当たらないが、ジャンプすると当たるので注意。ダウンから復帰した後は大爆発攻撃を使うので、地面が赤くなる予兆を見たらできれば頭にバッテリーを1回当ててから離れる。この後は近づいて最後のオーバーチュアを使ってエクスプローダーを使えば倒しきれる。パンチラインのブレイクエイジのブーストナックルはゴリアテを吹き飛ばす効果があり動作を中断させることができるが、大爆発の溜め中に行えば攻撃を阻止できる。

残り体力が少なくなると攻撃も激しくなるため、最もダメージを受けやすくなる。殴り攻撃に対してサイドロールを合わせて回避するのは同じだが、前半よりかなり動作が速くなっているうえ、殴り攻撃を連携して絶え間なく腕を振り続けるようになる。ノーダメージで倒したいならばここは無理せず回避に集中した方が良い。
瀕死になると大ジャンプ後に再び吸い込み攻撃を行う。上記の攻撃方法での解説の通り、これは左右どちらかからゆっくりと広場全体を薙ぎ払うように竜巻エフェクトが通過するため、まずはゴリアテの正面に立って、左右どちらから来るのかを見極めてから逆方向に走って回避するのが良い。

その後はまた大爆発攻撃を行う。もう少しで倒せるはずなので、ブレイクエイジなり、ブレイクアウェイなりを躊躇なく使ってとどめを刺す。

総合TOPデビルメイクライ5>ゴリアテ