デビルメイクライ5 ダンテマストダイ攻略指南

総合TOPデビルメイクライ5>ダンテマストダイ攻略指南

情報提供募集。このページの情報はほとんど「fumi」さんから頂きました。

スポンサーリンク

ダンテマストダイの特徴

最高難易度のダンテマストダイ(DMD)は以下のような特徴がある。

1:敵の攻撃力が高い。難易度デビルハンター(DH)時の数倍以上。
2:敵の耐久力も高い。DH時の倍の防御力がある。
3:DT(デビルトリガー)を発動する。体力が25%まで減少した時、敵が残り1体になった時、あるいは挑発を数回行うと発動する。DT発動すると耐久力がさらに倍増する。
4:攻撃頻度が高く、DMDでしか使わない行動がある。

特に耐久力が高い上にさらにDT発動で半減するのでDH時と比較してこちらの攻撃が25%しか通らなくなるという事が脅威。どの敵と戦っても長期戦になりがちなので必然的にダメージを受けるリスクも増える。
発動に関しては全ての敵が同じ条件で発動するわけではなく、ライアットは出現した直後に発動するのでかなり凶悪。

ネロ

基本的にやることはDMC4と変わらない。
スナッチで引き寄せレッドクイーンのコンボ、あるいはバスターを叩き込んで敵を吹き飛ばす。吹き飛んだ敵にチャージショット。爆発した敵を引き寄せて…の繰り返し。エネミーステップによる空中コンボが出来ればスナッチとの併用でずっと敵を落とさずに倒す事も簡単。
引き寄せできない相手にはチャージショットで体勢を崩してから接近、レッドクイーンコンボ、あるいはバスター。これで安定してダメージを与えていける、

これだけでも十分強いが今作はバランスブレイカーであるデビルブレイカーもある。おすすめはバスターアームとラグタイム。バスターアームはブレイクエイジ(スーパーバスター)の火力が異常なほど高い。ネオバスターの10倍以上の火力が出る。決まりさえすればどんな敵でも一撃で沈められる。当然使えばアームは壊れるが8本すべてバスターアームにしていれば1ミッション中では十分なほどの数を用意できる。
ベヒモス、エンプーサークィーン、ヒューリー、ノーバディ、プロトアンジェロなど、処理に手こずる奴には問答無用でスーパーバスターをぶちこんでやろう。ちなみに強制戦闘で最後の敵に対してスーパーバスターを決めて倒した後、ズームアップ演出をOPTIONボタンで飛ばすとバスターアームが壊れないという裏技がある。これを使うとスーパーバスターを遠慮なく使える。

ラグタイムは敵集団、あるいはボス用、ミッション7や13など敵の数が多いところではラグタイムを使おう。敵集団の周りを走って一ヶ所に敵を集めたらスロータイム、魔人化からのショウダウン、あるいはマキシマムヘッドを叩き込んで一気にダメージを与えよう。
ボス戦でもボスキャラの攻撃の後にスローワールド、魔人化してからストリークで近づきショウダウンを叩き込めばボスに大ダメージを与えられる。ボス戦ではスローワールドは5秒ほどしか持たないので、場合によっては魔人化してからスローワールドを打ったほうがいいかも。どちらにするかはDTゲージと相談して決めよう。

ブイ

DMDのVについては正直かなり厳しいと言わざるを得ない。Vは3魔獣を駆使して戦う、言わゆる数の暴力で敵をたたきのめすスタイルだが…ただでさえ固いDMDの敵は体力が減るとDTを引いてきてただでさえ入らないダメージをさらにカットしてくる。
そのため一体に集中攻撃をして一体ずつ減らしていくのが有効、だがシャドウはともかく他の2匹の攻撃手段は広範囲攻撃がそのほとんどを占めている。そのためやっと一体を倒すときにはほかの敵がほとんどDTを引いているということが非常に多くなる。さらにDTを引くと攻撃力も増すので一撃で魔獣たちがステイルメイト状態に沈められることも。やばいと思い手元に魔獣たちを戻すとDTを引いた悪魔たちがVに向かって一斉に突撃をしてくる…と、言った具合。

とはいうものの、単純な雑魚敵については何とかなる。真に問題なのはベヒモス、エンプーサークィーン、ヘルジュデッカ、ノーバディ、プロトアンジェロなどの強敵。
こいつらは上記の特性上最後まで残ってしまうことが多い。その時にはほぼ間違いなくDTを引いている。その状態だとシャドウとグリフォンではもうほとんどダメージが入らず、一撃でも攻撃を食らえばほぼ確実にステイルメイトに沈む。頼みの綱のナイトメアを召還すれば何とかダメージが入るが、戦闘の終盤までDTが残っているのか、と言われれば…。

とにかくVについては回避を優先、シャドウについては敵を空中に打ち上げてからのギロチンでなるべく攻撃を受けないように立ち回る。グリフォンはひたすらブロッケイド、DTについてはすべてナイトメアに注ぎ込むので自動運転は使わない。敵の数が多い、あるいは強敵がいる場合はナイトメアを迷わず呼ぶ。DTの切れ目は命の切れ目、DTがなくなったら死ぬことを覚悟しつつ襲ってくる敵の攻撃を何とか避け、ちょっとずつ攻撃し、挑発や読書をして何とかDTを溜める。溜まったらもう一回ナイトメアを呼ぶ…以下繰り返し。
ボス戦も同様。DTがある限りは攻勢に打って出る。ないときには回避優先で少しずつ攻撃をする。魔獣がステイルメイトに落ちても危険なら近づかない。ボスの攻撃は気合でよける。とにかくVは戦いが長期化するので集中力を切らさないようにしましょう。

裏技的な戦い方として、「カメラを壁に向けてロックオンせずにブックを使いながら攻撃ボタンを入力し続ける」という戦法がある。
DMC5の敵は画面内に入らない限りは攻撃動作に移らないというルールがどの敵にも適用されているため、壁の方にカメラを向けて極力敵が映らないようにしつつ攻撃すれば攻撃してこない敵をグリフォンとシャドウで一方的に攻撃できることになる。この戦法はあらゆる場面で活用でき、効果は絶大。特にミッション5やミッション7などで使うとクリア難易度が格段に下がる。特にブイでは脅威となるライアットに対して効果絶大。ただしこの方法を取ると敵がリザイン状態になってもわからないので、頃合いを見て敵の体力を確認する必要もある。

ダンテ

DMDにおけるダンテの立ち回りはいかに威力の高い攻撃を叩き込んでいけるか、ここにすべてがかかっている。ネロのようにお手軽に高いダメージを与えてはいけないので、敵ごとに対策をしっかり立てていくことが必要不可欠。

基本的には雑魚敵にはキャバリエーレやキングケルベロスなど範囲が優秀な武器を使っていくのが良い、雑魚敵との戦闘は一対一になるようにスティンガーなどで距離を離そう。その上で上記の武器を使っていれば背後から他の敵が来ても攻撃に巻き込むことができる。空中でのコンボが得意な人は敵を空に打ち上げ、空中で倒してしまおう。空中でのキャバリエーレコンボを叩き込めばかなりのダメージを与えていける。ベヒモス、エンプーサークィーン、ヒューリー、ノーバディ、プロトアンジェロなどの強敵に対しては相手の体勢を崩してからのリアルインパクト、あるいはメガカスケードで追撃などが有効、だがこれらの強敵は一撃がかなり重いので、ちょっとのミスが死につながる。強敵はVOIDでしっかり練習、対策をしておこう。

ボス相手にはロイヤルガードが非常に有効。ダンテはキャバリエーレアンジェロ、キングケルベロス、ユリゼン、3魔獣、バージルの5体のボスと戦うことになるが、そのすべてにおいて ロイヤルガードが有効。
今作はロイヤルガードが超強化されている、DTゲージさえあればどんな攻撃も防げる。ゲージを最大まで溜めるのも容易、最大ゲージでのロイヤルリリースはリアルインパクトよりも高威力。ボスの攻撃も大振りが多いので慣れてしまえばまともに戦うよりはずっと安定して敵を倒せる。ボス戦ではトリックスターで立ち回りつつ、攻撃が来たらロイヤルガード、ゲージが溜まったらロイヤルリリース、でDTを引いたボスにもしっかりダメージが入る。

真魔人のスキル「クアッドループルS」はスタイリッシュランクがSSSの時に短時間だけ真魔人に変身でき、しかも通常状態に戻る事が出来るというスキル。SSSになったら発動し、真インフェルノや真魔人コンボを出してすぐに真魔人を解除(L1を押す)する、という使い方が強力。
また真魔人はボスが相手でも切り札として使える。「ザ ルーチェ」は光弾を無数に発射し続けるというものだが、短時間ですさまじいダメージが入る。DMDのボスですら体力の半分近くを減らせるほどの威力がある。例えばキャバリエーレアンジェロが遠くに移動した時、キングケルベロスが大爆発攻撃を行う時など、攻撃が止まっている時にこれを使うと一気に勝負を決められる。

手段を択ばずSランクを獲得したい場合はDr.ファウストに頼るのも手。スキル「Dr.ファウスト4」を習得した場合は消費オーブが桁違いに増える(初期の10倍)が、その代わり威力もそれに応じたものになる。ガンスリンガー時アクションの「レッドホットナイト」は溜めで繰り出すとDMDのプロトアンジェロですら一発で倒す事が出来る。

総合TOPデビルメイクライ5>ダンテマストダイ攻略指南