サキュバス攻略

総合TOPDmC Devil May Cry>サキュバス攻略

サキュバス攻略

特徴

足場に置いている腕にも攻撃が通るが、特定の攻撃の後は少しの間だけ頭の赤い弱点が露出し、ここに攻撃することで大ダメージを与えられる。攻撃を引き付けてのデーモン回避で攻撃力アップし、その後にこの弱点にアービターで攻撃していくのが理想。

攻撃方法

腕叩き付け

複数ある腕のうち、中央2本、左右の2本、または左右の1本ずつのいずれかを使ってたたきつけてくる。使う腕は黄色く光る前兆がある。デーモンモードで直前回避したいところ。中央2本の攻撃判定は、サキュバスに密着している場合は腕を叩き付けるよりかなり前に出現する。1本ずつの叩き付けの場合、なぜか回避行動を取っても無敵時間中に当たってしまう現象が起きやすい。1本ずつの場合、攻撃後には弱点が露出しない。

腕なぎ払い

腕を大きく振ってなぎ払う。これもデーモン回避をして攻撃力アップを図りたい。
この攻撃の後は弱点が露出するのでそのままアービターで攻撃を。
この攻撃に対してプロップなどでパリーを取ることができ、成功するとダウンし、デーモンプルを行うと特殊な演出になる。

雄叫び

酸を吐き出しつつ雄叫びを行う。攻撃判定が非常に広く、回避行動を取らないとどこにいても当たる。力を溜めて下を向く予備動作があるのでこれを見てタイミングよく回避を。この攻撃の後は弱点は露出しない。

酸噴出

地面から酸を噴出させる。ダンテの位置を狙って使う。
この攻撃がきたらすぐに距離を離して動き回る。動いていればそれだけで当たらない。予備動作がやや分かり難いが、ダンテの足下に酸が出たらすぐそこを離れることで回避できる。

酸撒き散らし

足場に酸を撒き散らす。この攻撃の回避方法はエンジェルリフトで足場を移動することのみ。横を向いて吐くような声、動作があるのでそれを見たらすぐに移動を始めよう。

攻略

難易度SOS動画

基本的にはどの攻撃も回避行動を使えば当たらないのでガンガン攻められるが、各攻撃の予備動作を覚えるにはある程度慣れが必要となる。攻撃しつつもサキュバスの動きを良く見ていないととっさの回避ができない。特に酸噴出は動作が分かりにくく、ジャンプで回避しようとしても遅いと当たり、また回避行動を取っても回避先にも酸がある可能性も。
腕による攻撃を回避した後はリベリオンで△△の後にディレイをかけてR2+△と入力してトリニティスマッシュを出すと全てヒットして大ダメージを与えられる場合がある。頭の弱点に対して一気に大量のダメージを与えると一定時間ダウンし、さらにアービターによる追撃を決められる。腕が邪魔で接近できないとカス当たりになる場合が多いため、なるべくデーモン回避を中央に向かってやるようにすると良い。特に中央の腕2本の叩き付けの後に狙いやすい。

体力ゲージを1つ減らすと、移動してケーブルをデーモンプルを使って引く必要がある。足場は3つあり、初期位置は中央だが、このケーブルを引くためには左右の足場へエンジェルリフトを使って移動する必要がある。届かない場合はダンテが「届かねえ!」と言うのでわかる。また、ケーブルを引いた後はサキュバスが足場を叩き壊すがこの時もエンジェルリフトで移動する必要あり。
2つのケーブルを抜いてさらにゲージを1つ減らすと今度は頭に対してデーモンプルを。

サキュバスが地面の下から現れた後は、エンジェルリフトやデーモンプルを続けて行っていく。
最後に岩にしがみつくので手に対して直接攻撃すると手を離し、プロペラに巻き込まれてトドメとなる、

総合TOPDmC Devil May Cry>サキュバス攻略